イームズシェルチェアの座り心地

イームズシェルチェアの座り心地
チャールズ&レイ・イームズが、1948年ニューヨーク近代美術館が開催した、ローコスト家具デザイン国際コンペのためにデザインした「イームズシェルチェア」は、1950年にハーマンミラー社より製品化され、大量生産が可能になった初めてのチェアになりました。
ここでは、イームズシェルチェアの座り心地についてご紹介致します。

イームズシェルアームチェアDAR

通称アームシェルと呼ばれるイームズシェルアームチェアは、環境に優しいポリプロピレンを原材料としており、オリジナルに近い質感を表現しています。
両肘のあるチェアはリラックス度も高く、贅沢な座り心地を味わうことができるチェアになります。
DARは通称、エッフェルベースと呼ばれるタイプで、イームズ夫妻の代表的な作品です。


イームズシェルサイドチェアDSR

イームズ夫妻の名作であるシェルチェアは、プラスティックを一体成型した座面が特徴で、エッフェルと呼ばれるスチール部分を組み合わせたデザインが持ち味です。
イームズシェルサイドチェアは、ダイニングをはじめ様々な空間で使用することが可能です。
イームズシェルチェアには木製のものあります。
複数の素材を組み合わせるデザインの手法は、イームズ夫妻が得意とする分野で、木製のシェルチェアはフローリングや木製家具との相性が良く、インテリアにも自然に溶け込みます。


座り心地をさらにUPするアイテム

イームズシェルチェアは座り心地がよいチェアとしてファンも多い製品ですが、イームズチェア用のシートパッドを敷くとさらに座り心地が良くなります。
ただ置くだけで座り心地が良くなり、チェアの印象も変えることができるのでおすすめのアイテムとなります。


デザイナーズ家具・インテリアをインターネット通販で販売しております当社では、ダイニングチェア・ダイニングテーブル・照明など様々なデザイナーズ家具・インテリアを取り揃えております。
もちろん人気の高い、イームズシェルチェアも取り扱っております。
個人やカフェなどの店舗のインテリアとしてデザイナーズ家具を当社で購入しませんか。