デザイナーズ家具やインテリアを選ぶ訳 

世界一幸せな国民がおしゃれなデザイナーズ家具やインテリアを選ぶ訳

世界一幸せな国といわれる北欧家具の発祥の地であるデンマークの人々は日本人と家具に対する考え方が違っています。日本人は家具に対して一般的には単に生活道具のひとつととらえています。しかし、デンマーク人にとって生活空間を作る家具は「お金をかけるべき大切なアイテム」と考えています。

デンマーク人の考えを参考にすると、自身の部屋など身を置く空間の質を高めることで人生の質を高めることにつながっていきます。


人生の質は空間と時間

幸福大国と呼ばれるデンマークは社会福祉の充実だけでなく、建物に統一感がありとてもおしゃれな街並みです。家に入ると、どの家でもダイニング、テーブル(ソファ、チェア)インテリアなど空間にとても強いこだわりを持っていることが分かります。

洋服や時計、ブランド物のカバンなど自身を飾る物には日本人とは比べるまでもなく投資をしているようには見えませんが、空間に対するこだわりは徹底しています。

それは、自分や家族だけでなく友人などのお客さんにも快適に過ごしてもらえる時間の空間作りが生活の質を向上させ、心が豊かになり日常の幸せを感じることにつながると考えているからなのです。


日本でデザイナーズ家具をコレクションする

北欧家具やデザイナーズ家具、おしゃれなインテリアがズラリと並ぶ空間をテレビ番組の芸能人お宅拝見などでご覧になった方は多いのではないでしょうか。

とにかくお洒落で憧れの空間にうっとりしますよね。

北欧家具を中心に高品質の家具は、職人さんの手仕事に価値を感じ、良い物を長く使いたいという考え方が日本人にピッタリと合い空前のブーム。

中古やアウトレット品もいいものがありますが、自分の部屋にいながら、豊富な人気のアイテムからセレクトできる、こだわりの本物が揃う通販サイトがおすすめです。

大型ショップでの家具探しもいいですが、部屋を見渡しながらサイトの写真と見比べて自分好みにモダンやシックなど方向性を選べるので、よくあるイメージと違ったなんて失敗はありません。

しかも、通販サイトは配送が当たり前なのでインテリアや雑貨などを自分で慎重に持ち帰ることを考えると安心。

最後に

有名なデザイナーや巨匠と呼ばれる職人による手仕事品を取り入れれば、生活の質がグッと高まることを肌で感じます。

デンマーク生まれのアンデルセン原作からディズニー映画になった「アナと雪の女王」の名台詞「愛とは、自分より相手のことを思うことだよ」の気持ちで大切な来客者にも快適な空間を提供したいですね。